リージャスのコロナウイルス対策と
危機管理対応について

レンタルオフィス、コワーキングスペースを提供する
世界最大のシェアオフィス運営会社です。

お問い合わせ
0120-965-391
お問い合わせ

創立からBCP対策まで、
ニーズに合わせてオフィスを最適化

RWE Renewables Japan合同会社

RWE Renewables Japan合同会社

日本代表 兼 社長 加藤伸一 様

世界第4位の電力会社であるRWE社。
日本への本格的な進出にあたり、リージャスのレンタルオフィスを導入した背景やメリット、使用感についてお伺いしました。

ご利用いただいているセンター

リージャス秋田駅前ビジネスセンター

リージャス秋田駅前ビジネスセンター

リージャス秋田駅前センターは、秋田市の中心、秋田駅前エリアに位置するコワーキングスペース、レンタルオフィスです。JR「秋田駅」西口から、メインストリートである中央通りを進み徒歩7分、山二ビルの6階というロケーションです。駅前の中心エリアの為、周辺には金融機関や大手企業オフィス、商業施設やビジネスホテルが集まるエリアです。

  • 〒010-0001 秋田県秋田市中通2-2-32 山二ビル6F

創立からBCP対策まで、オフィスの最適化を可能にする
リージャスの
ネットワークとフレキシビリティ

御社の事業と日本における事業展開について教えてください。

RWE社(本社:ドイツ/エッセン)は1888年の創業から122年を迎える世界屈指の再生可能エネルギーの会社です。
創業地のエッセンは炭鉱業で栄えていたため鉱山開発関連会社としてスタート。石炭火力を中心に戦前戦後のドイツ経済を支える電力需要を賄って成長し、合併を繰り返すことで欧州最大級の電力会社となりました。1950~60年代にかけ、国の方針もあり原発の取扱いも開始、火力発電と原発の2本柱で営業してきました。
その後、2011年の福島原発事故を受けてドイツでは国内すべての原子炉を廃炉にする法案が可決されたため、RWE社は数年以内に稼働を停止し廃棄に入ります。さらに、2020年7月に石炭火力発電全廃法案が可決されたため、RWE社では2038年までに石炭火力発電所を閉鎖する運びとなりました。
この対策として、同じくドイツの電力企業であるE.ON(エー・オン)社と2018年より事業再編を進め2020年に完了、「新生RWE」として再生可能エネルギー(以降:再エネ)を含む発電に特化した、世界第4位・ヨーロッパ第3位の電力会社として再出発をしたところです。

日本では、2019年4月に法人設立、10月に事務所開設、スタッフ約10名体制で本格的な事業を開始しました。
東京本社と秋田事務所の2拠点があり、秋田事務所はリージャス秋田駅前を利用させていただいております。現在、国で公募している秋田県の洋上風力発電所建設案件の入札に向けて準備をしています。
今後としては、2019年4月に可決された「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律(通称:再エネ海域利用法)」の下で、洋上風力の促進区域である秋田県・千葉県・長崎県・青森県を始めとした日本中で順次公募される発電用風車建設における入札に参加すべく、事業を展開していきたいと考えています。
もちろん入札に勝たなければ事業はできませんが、120年の歴史の中で再エネ、特に風力発電については20数年にわたる「建設 → 運転 → 撤去・廃棄」のサイクルに関するノウハウがあります。日本では洋上風力発電所は1つもなくこのサイクルの経験もありませんが、私共は先行事業者として世界No.1、2を争う実力をもって、日本の洋上風力の発展に寄与したい、という目的をもって日本にやってまいりました。

秋田にオフィスを開設した背景としては、秋田県で控えている入札プロジェクトによるところでしょうか?

はい、入札に向けて各方面と調整を進めるにあたり、地元の漁業組合の方や漁師の方から理解を得るためにフェイストゥフェイスでのコミュニケーションが必須で、今後の対応を考えていました。
そこに2020年4月に発令された緊急事態宣言で県をまたぐ移動を自粛する要請をされ、リモート会議は我々の選択肢にはないため、急遽他の手段を検討することになりました。

そのようなときに、リージャスが秋田にあることを知りすぐに契約を決めました。RWE本社とリージャス社で結んでいるグローバル契約もあり、日本進出時はリージャス赤坂アークヒルズを利用、ある時は韓国でもお借りしていたという流れも汲んでいます。キャンペーンで通常より安くオファーをいただいたことも良かったです。

2020年9月時点でもコロナが終息しておらず、いつまた東京から現場に行けなくなってもおかしくはないので、人員を増やして長期出張という扱いで当社のスタッフには常駐してもらっています。
リージャスのオフィスが秋田にあって助かりました。また、秋田駅前にあるため、車で現場にも空港にも行きやすい、新幹線を使っても行きやすいなど、オフィスの立地としても一番利便性が良かったといえます。

多様なサービスでビジネスを
サポート、
単なるワークスペース以上
の価値を提供

オフィスの使用感としてはいかがでしょうか?

通常のオフィス同様、ワークスペースとして使っている他、現地の方を秋田事務所でお迎えして会議室を使ってミーティングをしています。名刺にも秋田事務所の情報を入れたところ、現地の方からは「RWEがとうとう秋田にも来てくれたのね、よくやってきてくれました」などと、喜んでいただいています。それ以外も、コピーやカフェ、最近だと現地で使う資料は受付スタッフの方に印刷を依頼するなど、日に日に活用する場面が増えており、サービスには満足しています。

また、たまにあるケースとしては、国内の出張先で急に資料作成や印刷が必要となったとき、コンビニでは扱いにくい機密情報もリージャスのビジネスラウンジに立ち寄って対応することができるので助かります。ご時世的に今はないですが、海外出張の際も世界各都市にリージャスがあるため、活用したいです。

ひとつひとつのコストは高めに設定されてはいますが、導入までにかかる日数や、オフィス家具がついていて行けばワークスペースとしてすぐに使えるようになっている、そして1か月単位でレンタルできることを考えると、契約期間にしばりがある通常の賃貸オフィスと比べたら、選択肢としては非常に取りやすいと思います。

企業データRWE Renewables Japan合同会社
  • 所在地:〒106-0032 東京都港区六本木1-4-5
    アークヒルズサウスタワー3F
  • 電話:+81(0)3 6230 9374
  • 設立:2019年4月
  • 業務内容:再生可能エネルギー全般の開発から運営まで
  • リージャスご利用歴:1年
  • 利用サービスリージャス秋田駅前ビジネスセンター
RWE Renewables Japan合同会社
RWE Renewables Japan合同会社は 日本の再生可能エネルギービジネスのために設立されました。RWEは海に囲まれた日本の洋上風力のポテンシャルに注目し、価値観を分かち合い、洋上風力を牽引する思いを共有できる日本のパートナーの方々と協力していきます。
https://jp.rwe.com/

※ ページ上の内容は2020年9月時点の情報です。

ページトップへ
キャンペーン