お電話でのお問い合わせ 0120-965-391 受付時間:平日8:30-18:00
お問い合わせ

レンタルオフィス、シェアオフィスサービス世界No.1ブランド リージャス

お電話でのお問い合わせ 0120-965-391 受付時間:平日8:30-18:00
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 0120-965-391 受付時間:平日8:30-18:00
メニュー

事業継続計画(BCP)とディザスタリカバリに役立つ
リージャスのサービス

災害時の緊急対応とその後の業務再開の準備ができる体制を作り上げておくことが、損失を最小限に留めるために非常に重要となりますが、事業継続のために何が必要で、リージャスをどのように活用いただけるかを紹介していきます。

1

BCP(事業継続計画)とは
何でしょうか?

BCP(事業継続計画)とは、「企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画」のことです。BCPの中では、特に近年デイザスタリカバリに関しても大きく取り上げられています。

ディザスタリカバリとは、「自然災害などで被害を受けたシステムを復旧・修復すること」、また、「そのための備えとなる機器やシステム、体制のこと」を指します。「システムを災害から守ること」のみならず、あらゆる障害は必ず起こりえるものと想定し、いかに効率よく迅速に復旧するか、という点から災害対策を捉えます。これは、システム停止による利益の損失を最小限に抑えることを目的としています。

2

事業継続のための対策と課題、
コストの想定

災害などの緊急事態において本社や事業所の機能が失われたときに、その機能を肩代わりできるような拠点を複数持っていない企業にとって、その対策には課題が多くあります。
想定しうる最悪の状況からの回復には、業務の規模や特性に応じて相応のコストがかかることがあります。また、まだ起こりえない災害に対してどの程度投資するべきかは検討を要する難しい問題です。一方、事前にどの程度の対策が講じてあったかによって回復作業の難易度は変化し、場合によっては回復できるかどうかに影響することもあります。

3

災害時に強いリージャスのサービス

実際に事業の継続と復旧の計画を考えるとき、リージャスはお客様にどのようなサービスを提供できるでしょうか?

1拠点の置かれるビルのグレード
リージャスの拠点は地域のランドマークであったり、災害時の管理体制もしっかりしている大型ビルが多く、耐震性や堅牢性における安心感を得られることは重要です。そして、ビルの管理者との連絡や安全確認、オフィス内のインフラ被害の把握や復旧などの煩雑な作業もリージャスのスタッフが行います。
2最短でご利用開始可能
空室さえあればすぐにオフィススペースをご利用いただくことが可能です。急な増床にも対応した実績もございます。
3全国に拠点を展開
東京、大阪、名古屋、福岡といった大都市圏には複数のセンターがあります。ある地域での業務が困難になった場合でも他のセンターにスペースを確保することで事業を継続できることも、大きなネットワークを持つリージャスの特長です。

>> リージャスが選ばれる理由

御社のBCPに関して、
ディザスタリカバリについてご相談ください

事業継続のための代替スペースの保証から、基本設備の確保まで、またスペースだけでなく利用できるサービスの詳細まで、御社の計画についての具体的な支援をヒアリングをもとに検討させていただきます。

お電話でのお問い合わせ0120-965-391 平日8:30-18:00

リージャスの選べるオフィスプランもご覧ください。

ページトップへ
キャンペーン